はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

レモ缶ムール貝をペペロンチーノで食べてみた

こんにちは。はたらいたです。

この前友人が広島旅行に行ってきて「レモ缶ひろしま牡蠣」と「レモ缶宮島ムール貝」という缶詰を買ってきてくれました。お酒好きの妻はつまみができたと喜んでいましたが、私はお酒が飲めません。しかし、レモ官宮島ムール貝はそのままパスタにあえても美味しいらしいよという友人の話を聞き、喜んで試したくなりました。その結果、レモ缶ひろしま牡蠣は妻のおつまみ、レモ缶宮島ムール貝はパスタにあえて家族の晩御飯の一品にということで折り合いが付きました。

 

レモ缶ひろしま牡蠣をつまんでみた感想

レモ缶ひろしま牡蠣は正式名称「【レモ缶】ひろしま牡蠣のオリーブオイル漬け藻塩レモン風味」といいます。公式ホームページを調べてみると「にんにくを入れて鍋で温めると、アヒージョに。」とあったので、その通りアヒージョにして妻の晩酌の当てにしました。(私も少し食べました)

初めは所詮缶詰だろうと舐めていたのですがそれが間違いでした。口に入れたとたんレモンの風味が口の中に広がり、噛めば下記のうま味がそのあとからジュワーとやってきました。これがほんとに缶詰から作ったものなのかというのが食べてみた率直な感想です。妻の晩酌の当てにということで作ったのですが私も箸が進んでしまい、魚介類大好きな息子も食べるものですからすぐに売り切れてしまいました。

レモ缶宮島ムール貝をパスタにあえてペペロンチーノにして食べてみた

一方レモ缶宮島ムール貝(正式名称:【レモ缶】宮島ムール貝のオリーブオイル漬け藻塩レモン風味)ですが、こちらもにんにくを加えパスタにあえてペペロンチーノにして食べてみました。こちらも缶詰とは思えない美味しさでした。調理は決して難しくありません。ゆでたパスタにニンニクとレモ缶宮島ムール貝をあえて火を通すだけです。調味料はほかには全く使っていません。今回は私が調理したのですが、子供には料理が上手だねと褒められてしまいました。味は貝のうま味が絶妙で、瀬戸内産の藻塩とほんのりとしたレモンの香りがアクセントを加えてくれます。お土産でもらった缶詰をパスタでゆでるだけで子供に褒められてちょっとした優越感と罪悪感を感じてしまいました。

 

2品とも本当に缶詰かという驚きと喜びがあり、お土産を買ってきてくれた友人には感謝のメールを送りました。友人もパスタにして食べたとのことで、おいしかったよねと盛り上がってしまいました。今回はどちらも料理して食べたのですが、お酒好きの妻はそのままでも食べてみたいといっていました。

もし今度広島に行ったときに覚えてたらお土産に買ってきます。