はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

朝食が話題、プロレスラー中西学の動画ch中西ランドが凄い

こんにちは。

みなさんは新日本プロレスの人気レスラー中西学選手をご存知でしょうか。怪力自慢、大食い自慢などバラエティ番組でもよく見かける選手なのでご存知の方も多いと思います。実は彼、プロレスラーの実績としても、そのプロ根性においても一流のプロレスラーです。そんな彼が主演する「人類プロレスラー計画中西ランドが」とても面白いので、今回は中西学選手と中西ランドの魅力を紹介したいと思います。

プロレスラー中西学とは-そのプロフェッショナル魂

中西学選手は新日本プロレスを代表する人気プロレスラーです。バラエティ等で野人キャラとして人気を博している彼ですが、実はアマチュアレスリングの選手としてバルセロナオリンピックに出場している実力者です。また1992年のテヘランで行われたレスリングのアジア大会では100kg超級で銅メダルを獲得しています。また、意外なことに彼は元公務員です。新日本プロレス入団前は和歌山県庁に勤務していました。

また、彼はプロレスラーとしても2009年に新日本プロレスの最高峰「IWGPヘビー級王座」のベルトを獲得するなどトップレスラーとしての地位も確立しています。2002年の有名な猪木問答にも参加しており、アントニオ猪木から「おまえは何に怒っているのか」と聞かれたとき「全日(全日本プロレス)に行った武藤です!」と答えて、「お前はそれでいい」と猪木から太鼓判を押されました。(会場からは笑いも漏れていましたが)

彼の得意技はアルゼンチンバックブリーカー、彼がパワーファイターであることを象徴する技です。自分の肩の上に相手を仰向けに乗せ相手の首と太ももをつかみ相手の背骨を締め上げる強力な技です。中西選手のアルゼンチンバックブリーカーの凄いところはその威力、またそこからの技のバリエーションもそうですが、最も尊敬できるところは彼のプロレスラーとしてのプロフェッショナル魂が感じられるところです。彼のアルゼンチンバックブリーカーは必ずカメラに向かって決められるのです。プロレスラーは強さを魅せる職業である。彼を見てるとそれを強く感じさせられまさす。

試合敗退後、テレビ番組でキャンピングカーを引っ張りギネス記録を樹立

中西選手のプロフェッショナル魂を感じさせるエピソードがあります、当時人気番組であったさんまのSUPERからくりテレビの企画で、持久走を完走したい小学生を勇気づけるため「750kgのキャンピングカーを引っ張って50m走る」というギネス記録に挑戦しました。雨の降る大阪城、悪天候の中彼は見事ギネスを達成します。実はその日、中西選手は大事な試合に負けていました。そのあとのギネス挑戦です。コンディションも雨と悪く、決して万全の状態ではありませんでした。そんな中テレビの企画でギネス記録を樹立し場を盛り上げる姿に、プロフェッショナルなプロレスラーの姿を魅せつけられました。

怪力レスラーのパワーの源はその朝食の量

そんな中西選手、独特の食事でも話題になっています。彼のおやつはささみを茹でたものです。それをビニールパックに入れて持ち歩き、小腹がすいたら口にします。また彼はよくツイッターで自分の朝食を公開しており、それがツイッターで話題になっています。

https://twitter.com/nobitokun/status/749368290036756480?lang=ja

ものすごい量です。彼のニックネームは野人ですが、彼を野人と称するならもはや餌といえる量ではないでしょうか。

たくさん食べるぜモンスターモーニング!

 

中西学はスイカを手で割れるのか

そんな彼のネット番組がテレ朝チャンネルの「人類プロレスラー計画中西ランド」です。この番組では中西学選手がいろいろなことに挑戦しています。主な挑戦は彼の最大の特徴パワーを活かしたものです。特におすすめなのが次の動画、中西学選手がスイカの手割りに挑戦します。スイカの手わりといってもスイカ割りや空手家のパフォーマンスのように、打撃の勢いでスイカを割るのではありません。純粋に手の力、指の力で強引にスイカを割れるか。普通なら考えもしない発想でスイカわりに挑戦しています。

 

中西学は映画監督になれるのか

さらに中西選手は中西ランドの中で、映画監督に挑戦します。出演は棚橋選手、真壁選手、天山選手など中西選手の同僚や後輩のレスラーたち。なぜか映画のジャンルはプロレスラー時代劇です。もうパワーとか関係ありません。しかしそこはプロフェッショナル。一本の作品を仕上げたのみでなく同作品をDVD化した作品は、アマゾンでの評価は平均5つ星のうち 4.8と映画監督としてもそのプロフェッショナルさを大いに発揮しています。

 

また、同DVD発売を記念してオリジナル楽曲「センチメンタル・カステーリャ」を作詞ボーカルとして発表しています。和風ボーカロイド作品風の曲調と中西選手のセンスあふれる歌詞、またパワフルなボーカルは藤波のマッチョドラゴン以来の衝撃作品で、何かのきっかけで大ヒットするんじゃないかとひそかに思っています。

 

今回は、中西学選手の魅力と彼の動画作品中西ランドを紹介させていただきました。

本当に笑える動画になっているので皆さんぜひご覧ください。

[amazonjs asin="B00K11PTBS" locale="JP" title="中西ランド・ザ・ムービー ~大江戸プロレスラー計画~ DVD"]