読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

ポケモンを批判、クイズ王やくみつるはらたいらのフォロワー?

こんにちは。

昨日のミヤネ屋で漫画家のやくみつるさんがポケモンGOについてくだらないと一蹴、子供にポケモンGOをさせる親に対しても子供をあほの子にしたいのかとポケモンGOを痛烈に批判しました。

コメンテーターとしては辛口な物言いが魅力のやくさん。そのことについては私も特にそういう意見があってもいいのではと感じました。しかし、昔からこのやくみつるさんに対してはちょっとしたもやもやがあるのです。それはやくみつるはらたいらのばったもんなんじゃないかという事、今回は共通点の多いこの二人について書いていきたいと思います。

共通点1 TV番組のクイズ王であること

まず初めの共通点は、二人ともテレビ番組のクイズ王という事です。

はらたいらさんは昭和の大人気クイズ番組「クイズダービー」の回答者でした。クイズダービーは回答者5人に問題を出し誰が正解するかを第3者が当てて得点を競うというクイズ番組です。回答者の正解率によって報酬の倍率が違います。正解率が高いほど倍率は低く設定され、今でいうおバカタレントには高倍率があてがわれます。

はらたいらさんはレギュラー回答者として出演し、70%を超えるともいわれる正解率を誇り、その倍率は常に2倍や3倍と低倍率を維持し続けるまさにクイズ王といえる漫画家でした。

一方のやくみつるさんは様々なクイズ番組に出演し高回答率をたたき出しています。特に有名なのがテレビ朝日系のQさまで複数回学力王を獲得しています。そのほかにも様々なテレビ番組に出演していますが、私が驚いたのは2014年に大橋巨泉さんの出演で話題になり金スマで放送されたクイズダービーの復刻版。はらたいらの定位置に座っている男こそやくみつるでした。

共通点2 漫画家という割に代表作がぱっと思いつかないところ

二つ目の共通点は漫画家という割には代表作がぱっと思いつかないところです。ネットで検索してみましたがどちらも多作ではあるものの、どれを代表作といっていいかわかりません。本当にそれぞれ多作だと思います。Wikipediaで調べてみると私のノートパソコンには収まらないぐらいの作品数が羅列されています。それでも二人とも代表作といえる代表作を見つけることができませんでした。

本業の漫画家よりクイズ王としての側面の方が強いというのが二つ目の二人の共通点です。

共通点3 名前がひらがな5文字であること

これは火を見るより明らかです。二人とも名前がひらがな5文字です。はらたいらさんは本名原平なので自分の名前をひらがなにしたという事で説明が行きますが、やくみつるさんの本名は畠山秀樹さんです。ひらがなにするなら「はたけやまひでき」でもいいはずです。それでもつけた名前が「やくみつる」。「はらたいら」「やくみつる」どちらもひらがな5文字です。どうもやくみつるさんからははらたいらさんのフォロワー臭がしてなりません。

 

ポケモンが害悪なのかそうでないのか論争が過熱していますが、そんな事よりも私はやくみつるはらたいらフォロワーなのかの方が気になって仕方がありません。やくみつるはらたいらのフォロワーである情報をお持ちの方はぜひ私までご連絡ください。