はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

森川葵が可愛い、キラーK長瀬がかっこいいToo young to die感想

こんにちは。

先日、妻とクドカンの新作映画「Too young to die」を見に行ってきました。妻はクドカン×ジャニーズの作品が大好きで(ジャニーズ好きというわけではありません)ぜひ見に行きたいと。私もロック音楽が好きなのでぜひ一緒にという事で映画館に身に行ってきました。

今回はその感想を書いてみたいと思います。

森川葵可愛いキラーKかっこいい神木君スケベ可愛い古館寛治渋かっこ悪い

この映画の一番の魅力はキャラクターの強さだと感じました。

まず、大介(神木隆之介)が恋をするひろ美(森川葵)が思わせぶりでものすごくかわいいです。ひろ美を見るためだけに映画館に行く価値があるぐらいキュンキュンしてしまいます。大介が現世に未練を持つのに十分すぎるぐらいの魅力が彼女にはあります。

そしてキラーK役の長瀬の鬼の熱演にも注目です。おそらくほかのジャニーズのタレントにはできない体当たりの演技、迫力とユーモア、哀愁を併せ持つその熱演ぶりは長瀬の持つカッコよさを余すことなく発揮した名配役だと感じました。

他にもチューしたいがために現世に未練を持つ神木君のスケベ可愛さや、古館寛治演じる松浦の渋かっこ悪さ、皆川猿時演じるじゅんこのただ単純に怖くて気持ち悪い感じなど、一人一人のキャラが立っており、超展開で進んでいくストーリーの中でもすんなり楽しむことができます。

音楽好きに対する小ネタ満載

また音楽好きならクスリとしてしまう小ネタも満載です。charと野村のよっちゃんのギターバトルや、地獄で寂しげに歌う憂歌団。ジミヘンの手ネタに、ROLLYとマーティフリードマンの出てき方など音楽ファンを楽しませるギミック、小ネタがところどころにちりばめられています。もちろん音楽ネタ以外の小ネタも随所にちりばめられており、それを探すのも一つの楽しみになる作品です。

連続ドラマに比べて展開が急

ただ一点気になったのが展開が結構急だったなという事です。天才クドカンのアイデアが凝縮された作品で様々なネタがちりばめられている作品だけに、小ネタや複線の回収が急展開で行われて一瞬ついていけない場面などもありました。ただ丁寧にやりすぎるとただでさえ長い125分という上演時間がさらに伸びすぎてしまうので難しかったのだと思います。

ただそれを差し引いても、魅力的なキャラクターやストーリー、様々な笑える小ネタや巧みに隠された伏線など楽しむ要素が盛りだくさんの作品でエンターテインメント作品としては見る価値ありの作品だと思います。

皆さんもぜひ気が向けばキャラクターの魅力、ストーリーの面白さを感じに行かれてみてはいかがでしょうか。