はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

うそ太郎はかわいい?それだけじゃないLIFEの魅力

こんにちは。

7月28日放送のNHKのコント番組、人生に捧げるコント「LIFE」で「うそ太郎」が放送されました。第4シリーズとなる今回から始まったコントで、「面白い」「カワイイ」と評判。登場して間もなく人気コントとなっています。

実はこのうそ太郎、LIFE第4回の開始にあたって作られた番組の人気キャライラストに「イカ大王」や「どうしたろうかしゃん」などの人気キャラの中、一度も放送されていない状態でイラスト化されていました。制作者にとっても自信のあるコントだったことがうかがえます。今回はそんなうそ太郎の魅力からLIFEというコント番組の魅力に迫っていきたいと思います。

すぐに嘘をつくうそ太郎、すぐ「すいやせん嘘つきやした」と撤回するうそ太郎

うそ太郎は寿司屋の見習いで、大将と二人で店を切り盛りしています。しかしこのうそ太郎すぐうそをつきます。客が「大将どこにいるの?」と聞くと「ベラルーシに帰国しやした、大将生粋のベラルーシ人なんです」と嘘をつきます。「君は何者だ」と聞かれたら「ゴジラ松井の次男坊です」とうそをつきます。とにかく会話のすべてが嘘でしかもなかなか盛大な嘘をつきます。

しかし、そんな嘘はすぐにばれてしまいます。するとうそ太郎は悪びれもせずに「すいやせん!嘘つきやした!」とすぐ撤回します。このコントは毎回うそ太郎の「大将みたいな世界一にすし屋になりたいです」という恐らく嘘にほれ込んだ大将が、うそ太郎を罵倒する客(ココリコ田中)に「帰れ帰れ!」と罵倒し落ちるコントなのですが、それ以上にうそ太郎のキャラの魅力に取り込まれる人が多い面白いコントです。実際に放送されるとすぐに「面白い」「かわいい」と評判になっていました。

まっすぐ彦助との対比

同日の放送ではそのあとすぐ、こちらも人気コントシリーズである「まっすぐ彦助」が放送されました。こちらはうそ太郎とは逆に全くうそがつけない兄弟、増田彦助と彦美が馬鹿正直さが魅力のコントです。二人はあまりにもまっすぐなため権力者(ココリコ田中)に対して臆面もなく失礼なことを言います。たとえば「あなたが社員が汗水たらして働いている中、こんな広い別荘でゆっくりとしている社長さんですか?」みたいなことを臆面もなく言います。ある意味うそ太郎の全く逆のキャラクターといえますが、こちらも人気キャラクターとなっています。

LIFEの魅力は人の持つ一面を極限まで特化したコント

この2連の人気コントを見て改めて感じたのは、LIFEのコントは人生に捧げるコントの名のとおり、人間ならば誰でも持っている一面を極限までデフォルメしたキャラコントが多く、それが面白いという事です。

例えばうそ太郎みたいな人ってもちろんそこまで極端ではないですが意外と身近にいるような気がします。都合が悪くなるとすぐばれる嘘をついたり、それがばれても悪びれない人は結構いると思います。逆に彦助彦美のような人も結構いて、そういう人は「この人空気読めないよな」といわれてたりするんじゃないでしょうか。

そういうあるあるを極限までデフォルメしたキャラクターコントにこそLIFEの面白さの魅力があるのだと私は思います。

私はそろそろ久しぶりに、ムロツヨシさんのうざさを極限までデフォルメした女性を口説くコントを見たいのですが、久しく見ていない気がします。ぜひまたやってほしいのでどうぞよろしくお願いします。