読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

民新党代表選、蓮舫氏が出馬か?代表は衆議院からと反発も

society

こんにちは

都知事選を明日に控え、与党連立候補で鳥越氏を擁立した民進党の代表選もにわかに注目を集めています。

党名変更を伴い挑んだ参院選議席後退の結果を受け、党内の人事刷新の声に負けた格好になります。

後継者候補として名前が挙がっているのが、蓮舫氏や前原氏など、長期的に自民党との二大政党制を目指す政党としてのイメージを刷新できるかが焦点となります。

今回はそんな民進党代表選について書いていきたいと思います。

蓮舫氏が代表選に出馬か

ここにきて代表選の後継に名前が取りだたされているのが蓮舫議員。都知事選への出馬については早々とないと答えたものの、今回の代表選については「知らない」を繰り返しています。蓮舫さんといえば端整なルックスとズバッという物言いが人気の民進党のアイドルです。民主党政権事業仕分けを行った際「2位じゃだめなんですか?」の発言で有名となりましたが、今回での参院選獲得議席数2位や都知事選でも自民党の他候補の後塵を排する恐れもあり、本人にも「2位じゃだめだ」という意識が芽生えている可能性もあります。

もし蓮舫議員が代表になった場合、民進党のイメージの刷新という意味においては非常に大きな効果が見込めるでしょう。民主党代表の座は岡田氏、鳩山氏、菅氏、前原氏などあまり変わり映えのしない面々が務めてきた経緯があります。その時に一度政権交代を果たしましたが、その時の失策のイメージが強く、党としてマイナスイメージを引きずっている印象です。また今回の都知事選における鳥越氏の擁立においても、野党連立候補としたわりには知名度を除けば鳥越氏自身の資質という意味において悪手とみる見方も強く、党としての存在感を出せていないとみることも出来ます。

そういった中蓮舫氏が代表選に出馬し、代表となった場合、彼女の持つカリスマ性がうまくはまれば、それまでの党のマイナスイメージを一新することができる可能性があります。蓮舫氏が代表となった場合それを取り巻く幹部においても合わせて刷新し、党のイメージを変革させるという路線に進むのではないでしょうか。

一方で代表は衆議院からという声も

一方の民進党の党内では、代表は衆議院議員から出すべきだという声も上がっています。その場合の候補者は細野氏、前原氏あたりが候補になるともいわれています。彼らの場合民主党内の重役を長きにわたって務めてきた経験があります。また前原氏の場合自身が代表経験者であることも強みになります。

しかし彼らが代表になった場合、人事の刷新といえるほど大きな変革は訪れるのでしょうか。

私は何よりも2位じゃだめだと気付いた蓮舫氏の大躍進、大活躍、名言に期待したいので、蓮舫氏が代表になったらおもしろいなと思っています。

民主党支持者の皆さんが蓮舫氏に2位じゃだめですよと進言してくれることを期待しています。