読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

鳥越俊太郎・ベッキーはスキャンダルを乗り越え今後芸能界に復帰できるか

こんにちは。

都知事選に敗れた鳥越俊太郎さんが敗戦後、「今後はジャーナリストとして小池都政を監視していく」という発言をして話題を呼んでいます。しかしこの鳥越俊太郎さん、小池都政を監視していく前に、選挙期間中に週刊誌に暴露された女性問題を解決しない限りジャーナリスト復帰は難しいのではないかという声が上がっています。

同様に、男女関係の問題でいまだに芸能界復帰を果たせていないのがベッキーさんです。

今後二人が芸能界で再び活躍することはできるのでしょうか。

ゲスの極み乙女川谷さんとの不倫で芸能界から姿を消したベッキー

ベッキーさんはゲスの極み乙女川谷さんとの不倫問題以降芸能界の表舞台から姿を消しています。芸能界で優等生キャラであったベッキーさんの不倫騒動に世間は大いに盛り上がりました。さらに火をつけたのが週刊誌報道後のベッキーさんと川谷さんのラインでのやり取り。週刊誌報道をおちょくり「センテンススプリング!」と残した名言は、いまだに「センテンススプリング」「センスプ」として、流行語になっています。

その後、様々な場面でベッキーさんの復帰が話題となりましたが、どの話も流れに流れて未だに表舞台で活躍するには至っていません。

選挙期間中の女性問題でスキャンダルになった鳥越俊太郎

一方、最近女性問題でスキャンダルが出たのが都知事選に野党統一候補として立候補した鳥越俊太郎氏です。いわゆる「センスプ」にスクープされた女性問題に対し、鳥越氏は「事実無根」とし、説明をすることなく法的手段に訴えました。選挙戦が終わった今もその問題について、鳥越氏の口から説明、ないし反論がなされることはありません。女性問題をうやむやにしたまま、鳥越氏はジャーナリストとして復帰宣言をしています。

プライドを捨てて汚れ役として復帰した矢口真里山路徹

同様に男女問題でスキャンダルを起こした人物として、矢口真里さんと山路徹さんが挙げられます。二人とも自身の不倫騒動を明らかにされたうえで、芸能界にカムバックしてきたいわばベッキーや鳥越氏の先輩にあたります。ではこの二人はどのようにして芸能界復帰を成し遂げたのでしょうか。

それは、二人ともプライドを捨てて男女問題を認め、それをネタにされる役回りとして、いわば汚れ役として芸能界に復帰したという共通点があります。

矢口さんはスキャンダル以前は「ワイプの女王」「いっちょかみの矢口」として、大変使い勝手のいいキャラクターとして芸能界で地位を確立していました。しかしスキャンダル後は、禊と称して過酷なロケに挑戦したり、嫌われ芸人としてゴキブリの格好をしたり、いわゆる汚れ役をそのキャラクターとして前面に押し出して活躍の場を取り戻しました。生き残るためにプライドを捨てることができたことが矢口さんが芸能界に復帰できた最大の理由だと考えられます。

動揺にプライドを捨ててコメンテーターとしてテレビに復帰したのが山路徹さんです。山路さんは、有名女優さん二人を絡めた不倫騒動で世間をにぎわしました。スキャンダルの大きさから通常であれば、コメンテーターとしての復帰は難しかったと思います。しかし山路さんも矢口さん同様汚れ役に徹することで、芸能界への復帰を果たしています。

噂が噂を呼ぶ芸能界です。連日のように不倫騒動や男女問題が取りだたされます。山路さんはコメンテーターとして男女問題にコメントを述べますが、司会者から毎回のように「お前が言うな」というような突っ込みを受けます。山路さんもその突込みに対してひょうひょうと自分のスキャンダルを認めたうえでコメントを続けます。そのやりとりによって、ややもすれば重たくなりがちな男女問題を扱うスタジオの空気が少し軽くなります。山路さんはいわば自分のプライドを捨ててスタジオの空気清浄機になることを徹底できる器があったのです。

プライドの高い二人に汚れ役を引き受けるだけの度量があるか

鳥越俊太郎さんやベッキーさんが今後芸能界に復帰できるか否かについては、彼らがそのプライドを捨てて、そういう汚れ役の役回りに立つことができるのかという事です。そういう意味においては私は二人の復帰はなかなか難しいのではないかと思います。お二人ともテレビでお見受けする限りなかなかプライドが高そうな二人です。

視聴者は、恐らく二人のスキャンダルをなかったことにしてテレビへの復帰を認めることはなかなか難しいでしょう。スキャンダルを認めたうえで汚れ役に徹することができるかどうかが復帰の分かれ道だと思います。今後二人がどのような態度をとるのかそれ次第で芸能界への復帰ができるのかが決まってくるはずです。

しかし、それができれば十分に活躍するチャンスはあると思います。なぜならば、プライドを捨てて汚れ役に徹した矢口さんは、今やスキャンダル時にテレビに引っ張りだこだった元夫の方よりも露出が多いわけですから。

[blogcard url="http://hataraita.net/2016/08/17/becky/"]