読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

リオ五輪サッカーナイジェリア代表が未着、日本が勝機を見出すには

今日は

サッカーリオオリンピック日本代表初戦(8/4 現地時間8/5)に向けナイジェリア代表選手団がまだブラジルに到着していないという情報が入ってきています。

オリンピック予選において、最も重要な試合といわれる予選リーグ初戦。そのナイジェリアのsごたごたを味方につけて日本代表は勝利することができるのでしょうか。

ナイジェリア代表は所詮開催地マナウスに到着できるのか

ナイジェリア代表はアメリカのアトランタでオリンピックのトレーニングを行っていました。その後、当初は7/29にマナウスへフライトを行う予定だったが、出発が8/1に延期された、そして8/3現在いまだにブラジル行きが不透明な状態に陥っています。若い代表選手の間にはこのごたごたにフラストレーションがたまっており、無事会場に到着してもコンディション調整する時間を十分に確保できるかが焦点となっています。一部報道では試合に間に合わない可能性も取りだたされています。

ナイジェリア代表のコンデションは

ナイジェリア代表には、プレミアリーグチェルシー所属のミケル選手やイタリアのASローマに所属するサディクウマル選手など日本代表選手と比べ格上の選手の出場が決まっており、そういう意味では日本代表の初戦の対戦相手は格上のチームと戦うことになります。しかし今回のトラブルにより日本に勝機が見られる可能性が高くなったと感じています。

主な要因は選手のコンディションとモチベーションの問題です。アフリカのサッカー代表のお家芸として、出場をめぐってのトラブルは日常茶飯事でともいえます。もちろんそれを乗り越えてきた選手たちではあるが、そのメンタルに対するモチベーションの低下は否めないだろうと思われます。また無事到着したとしても十分に練習時間を取ることができなくなってしまう事は想像に難くありません。今回の遅延もイレギュラーだったことからその間の選手のコンディション作りに悪影響が出ている可能性は否めないでしょう。

アフリカのごたごたを象徴する2009/10/15キリンカップトーゴ戦5-0の解消

日本サッカー史において最悪といわれたアフリカ代表のごたごたに巻き込まれた試合が2009年の10月15日に行われたトーゴ戦です。トーゴの目玉選手であるあでばよーる選手も来日せず、来日板選手は14人。そんな相手に日本代表は5-0の大勝を成し遂げました。もちろん試合を見ているライトなサポーターからするとアフリカの強豪国に次から次へと得点を決めていく日本代表の姿にある種カタルシスを感じる試合であったと思います。一方でアフリカ代表のごたごたに巻き込まれて十分なテストマッチができなかったという批判のあり一部では最悪の代表選とも呼ばれています。

もう一つの指標になるのがU23チーム最後のテストマッチとなった南アフリカ

もう一つ重要な指標となりうるのが最終テストマッチで4-1と解消した南アフリカ戦です。日本は、代表選考も兼ねた南アフリカ戦では4-1と快勝しました。しかしそれも額面通りに受け止めることはでできない試合であったと思っています。今回のナイジェリア代表と同様、南アフリカ代表の到着は試合の2日前でした。そのこともあり十分にコンディションが整っておらず、収支ペースを握ることができ、4-1という最高の結果でオリンピックに向かうことができました。

日本はナイジェリアに勝てるか サッカーにとってホームアドバンテージとは

サッカーにおいてホームアドバンテージとはサポーターの応援や審判の笛だけではなく、移動によるコンディション作りのむずかしさという点も挙げられると思います。先のブラジルW杯でも日本代表のコンディション作りについて問題がなかったかという事が大会終了後議論されていました。今回のことナイジェリア戦においてはそのコンディション作りという点んで日本はブラジルに大きなアドバンテージを得ているという事ができると思います。

ナイジェリア代表はごたごたの後のぎりぎりの状態での到着では十分コンディション作りを行う時間はないでしょう。一方の日本代表はすでにブラジル入りしており、大敗しましたがテストマッチを行っています。

相手のこんでししょん作りが難しい中、日本がコンディション調整を万全にできたとき、それは南アフリカ代表選と同じような構図となりえると思います。日本代表にはこれからコンディション作りを万全とし、日本らしいサッカーをすることでナイジェリア代表に勝つチャンスは十分にあると思っています。

それだけにあと二日、十分な準備をしてナイジェリア戦に挑んでほしいと思っています。

追記:ナイジェリア代表は当日の午後に到着か

最新の情報では、ナイジェリア代表はチャーター便にて当日の午後にマナウスに到着する模様です。キックオフは午後9時から、到着してから調整を行う時間はほとんどありません。

またもし到着できたとしても90分前までに会場入りできない場合は日本の不戦勝になる可能性もあり、今回のごたごたは日本に非常に有利に働きそうです。

ただ、サッカーファンとしては試合は見たいので無事到着してもらって、日本代表が勝ってくれることを一番に期待しています。

[blogcard url=”http://hataraita.net/2016/08/05/etebo/”]