読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

月曜日の朝仕事に行くのがしんどいと感じたなら思い切って休んだらいい

月曜の朝、仕事に行きたくないと感じた経験はありますか。おそらくほとんどの人が感じたことがあると答えると思います。そんな時、多くの人は自分に鞭を打って頑張って仕事に行くと思います。行ってしまえば意外と何とかなるものです。

しかし私は、もしあなたが月曜日の朝仕事に行くのがしんどいと感じたら思い切って休んでしまえばいいと思っています。あなたが一日ぐらい居なくても案外仕事は回るものです。

私自身の経験も踏まえたうえでもう一度言います。もしあなたが月曜の朝仕事に行くのがしんどいと感じたら思い切って休んでください。

あなたが無理をしてるなら、どうせ最後は行けなくなる

私が休むことを推奨する理由は一つだけです。もしあなたが月曜の朝、仕事に行きたくないと思っている原因が過重労働にある場合、どうせ最後にはいきたくたって行けなくなってしまうからです。

これは私の体験談です。

私も月曜の朝が憂鬱で仕事に行きたくないと思いながらも頑張って仕事に行く日々を続けていた一人です。

初めのうちは月曜の朝、「ああ、会社行くの気が進まないなあ」という程度でそれほど強いしんどさは感じていませんでした。しかしそれが3カ月、半年と続いていくうちに、日曜のサザエさんが始まるころには憂鬱が訪れるほどブルーマンデーが進行していました。半年を過ぎたころ一カ月ぐらいは、月曜に仕事に行ける気がしなくなり、日曜の夜に会社の近くのビジネスホテルに泊まって会社に無理やり行くような日々が続いていました。

そんな生活を続けていたある日、私は会社の近くのホテルに泊まっているにもかかわらず会社に行くことが出来なくなり、家族に電話し仕事を休みました。そのころには月曜以外のすべての曜日の朝が憂鬱でした。私は心療内科にかかり、鬱状態と診断されそのまま休職することになりました。

私は当時、毎日14時間労働+通勤4時間という生活を続けていました。平日家にいるのは6時間程度、睡眠時間は4時間ほどです。完全に無理をしていたのです。そんな中無理やり毎日出勤していたため、最後には仕事に行きたくてもいけないというところまで追い込まれてしまいました。

もし、あなたが月曜日に仕事に行きたくないという原因がそういった過重労働やストレスからくるものなのであれば最終的に仕事に行きたくても行けない状態になってしまいます。それならいっそ、しんどいと思った時に休んでしまえばいいのです。

思い切って休んで自分の体調をチェックする

思い切って仕事を休むことによって、自分の体調をチェックすることが出来ます。次の日に仕事に行きたいと思えれば行って普通に仕事すればいいのです。

私も昔、土日の遊び疲れで月曜日仕事に行くのが嫌になってずる休みした経験があります。休んだ理由がその程度の場合は、月曜のうちに仕事がしたくなって火曜日には「すいませんでした!」と普通に仕事ができるものです。

しかし、月曜日仕事に行くのが嫌な理由が過重労働により体が悲鳴を上げているのなら、次の日だってその次の日だって仕事に行くのが嫌になります。そうなったときに行くべきところは職場ではなく病院です。でもそうなったときにはもう遅いんです。あなたを待っているのは診断書と休職です。待っているのは無能感と自責の日々です。

私は、これを読んでいただいているあなたにはそうなってほしくありません。無理してつぶれる前に、体調チェックのつもりで月曜の朝休んでしまえばいいと思うのです。