読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

ブラジル、ネイマール2世らのゴールで4-0で決勝トーナメント進出【感想】

リオ五輪男子サッカー、日本代表は残念ながら勝ち点4でグループリーグ敗退という結果でしたが、本日はもう一試合注目の試合が行われました。

その試合とは、予選リーグ2試合とも0-0の引き分けで現在勝ち点2のブラジル。

この試合の次第で決勝トーナメントに進出できるかが決まります。

リオ五輪男子サッカーグループA両チームスターティングメンバー

ブラジル

GK ウェヴェルトン

DF ゼカ ロドリゴ・カイオ マルキーニョス ドウグラス・サントス

MF ワラシ レナト・アウグスト

FW ルアン ガブリエウ・バルボーサ ネイマール ガブリエウ・ジェズス

デンマーク

GK ホイジェア

DF デスラー ゴメス ブラジェア グレゴール

MF マクセ イェンセン

FW ベアスティン ヴィベ ラーセン ブロック・マドセン

 

前半 ガブリエウ・バルボーサ、ガブリエウ・ジェズスのネイマール2世達のゴールで2-0

前半開始、ブラジルのペースで試合は進みます。どちらも気合が伝わるゲームで前半10分には、けがの治療後のゲーム再開の際に小競り合いが起こります。

終始ブラジルがキープし、デンマークがカウンターという図式。

試合が動いたのは前半26分、ガブリエウ・バルボーサが右サイド難しい角度から冷静にゴールに押し込んでブラジルが先制しました。

前半35分には再びガブリエウ・バルボーサが決定的なチャンスを迎えるもデンマークGKホイジェアが左手一本でセーブ。失点のピンチを逃れます。

デンマークは徹底的なカウンター&セットプレー狙い。ハーフェーライン近くからのフリーキックでも選手を前線に集めゴールを狙います。

前半39分にはガブリエウ・ジェズスが1対1の決定的なチャンス。しかしこのシュートもホイジェアのナイスセーブに阻まれます。

前半40分再び試合が動きます。右サイド、ルアンからのクロスに最後に詰めたのはガブリエウ・ジェズス。デンマークを2対0と突き放します。

3試合目にしてネイマール2世達が輝きだします。

前半終了間際にして、2点差に突き放したブラジルは余裕をもってボールを回し始めます。さすがブラジルここら辺は試合巧者です。

デンマークはカウンター攻撃を仕掛けたいところですが、ブラジルの巧みなボール回しにボールを奪うことがなかなかできません。

3試合目にしてようやくブラジルらしいサッカーが出てきました。そうなるともういやらしいブラジルのボール回しは止まりません。

そのまま、前半はブラジルが小ずるくボールを回し続けブラジル2-0のリードで前半が終了しました。

前半を終えブラジルのボール支配率は68%一方のデンマークは32%です。

やはり先取点を取ったブラジルは一味違いますね。ゲーム巧者ぶりを見せています。

ブラジルはこのまま逃げ切れるのでしょうか。

後半 ネイマールの芸術的ループパスを起点にルアンが決めて3-0

あとがないデンマークは後半開始と同時にブロック・マドセンに変えてロバート・スコブを投入。試合の流れを変えようとします。

しかし流れはブラジルのまま。後半47分にはルアンがペナルティエリア外からフリーでミドルシュート、これは惜しくも右に外れます。

49分にブラジルがさらに追加点を決めます。ネイマールの芸術的なループパスに左サイドのドウグラスサントスが反応。クロスにルアンが確実に決め3-0と突き放します。

こうなればもうブラジルは緩やかにしたたかにゲームをコントロールすることを意識し始めます。

無理な攻撃はせずに、確実にボールをキープし、デンマークの守備のほころびが見えればそこを攻めるだけ。終始ブラジルのペースで試合が進んでいきます。

ブロックを敷いて守るデンマークはブラジルの確実なボール回しに奪いどころがなくカウンターを出す機会がなかなか訪れません。

55分に迎えたカウンターのチャンスも得点はならず、再びブラジルにボールを回させる展開に戻ってしまいます。

ここら辺はさすがブラジルです。最終ラインから両サイドの奥までピッチを広く使いデンマークにボールを渡しません。

後半59分デンマークは相手ゴール近くでFKを獲得。直接狙うもボールは大きくゴールを外れていきます。

後半63分デンマークデスラーに変えてカスパーラーセンを投入。二枚目のカードを切ります。

後半70分デンマークは再びゴール前でのフリーキックのチャンスを迎えます。しかしシュートはキーパーが難なくセーブ。ゴールなりません。

後半72分にはネイマールがキックの後足をひねり時間稼ぎ、やはりブラジルはこういうのが上手です。デンマークの選手のいら立ちが止まりません。

時間が進むにつれデンマークの選手はイライラがどんどん募っていきます。やはりブラジルと中東戦法は人をイラつかせる天才です。

ブラジルは、後半73分にゼカに変えてウィリアムを後半78分はレナト・アウグストに変えてロドリゴ・ドゥラードを投入。

その直後、後半80分にはゴール前にこぼれたこぼれ球をガブリエウ・バルボーサ差が確実に決めて2点目、4-0、リードを絶対的なものに広げます。

あとはもう試合をコントロールするだけです。ロスタイムに入ってからもヒールパスなど人をおちょくるようなプレーで時間を稼ぎ試合終了。

ブラジルが4-0でデンマークを下しました。

試合終了4-0でデンマークを圧倒したブラジル 決勝トーナメント進出

先制点を決めそれ以降巧みに攻撃をコントロールしたブラジルが決勝トーナメント進出を決めました。

これにはジーコ氏も不満はないはずです。

やはり先制するとピッチを広くいやらしく使うブラジルの攻撃は効いてきます。本当に相手をイラつかせます。

批判の的となっていたネイマールもゴールこそなかったものの芸術的なループパスやドリブル突破で試合に花を添えました。

三試合目にしてようやく王者ブラジルらしさを出してきたブラジル、調子を上げてきて決勝トーナメントではブラジル旋風を巻き起こすかもしれません。

 

 

 

[blogcard url=”http://hataraita.net/2016/07/31/jesus/”]

[blogcard url=”http://hataraita.net/2016/07/31/barbosa/”]

[blogcard url=”http://hataraita.net/2016/08/10/brasil/”]