読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

ITストラテジスト試験対策-文系サラリーマン合格体験記

ITストラテジスト試験はIPAの情報技術者試験の中でも最難関の資格の一つです。

しかし対策をしっかりすれば合格できる試験でもあります。

私は文系サラリーマンでIT部門に所属していなかった総合職のサラリーマンです。

総務部や商品開発部に所属しながらシステム導入の導入にかかわった経験はありましたがスペシャリストではありませんでした。

そんな私でも30歳の時にITストラテジストに合格することが出来ました。

一応一発合格です。

今回は私が合格したITストラテジスト試験対策と勉強法を紹介したいと思います。

ITストラテジスト試験を受験したきっかけ

私は文系の総合職のサラリーマンです。そのため、自分のスペシャリティというものがなく将来のキャリアに不安を感じたためでした。

私は総務部や商品開発部に所属しながらもシステム導入などのIT上流を主導するなどシステム系の仕事にかかわることが多く、前年に応用情報技術者を取得していました。

次は高度技術者試験と思ったのですが私の経験から自分が進むべき道はデータベーススペシャリストITストラテジストのどちらかという状況でした。

というのもデータベース設計とシステムスクラッチ開発の上流を担当したことがあり経験があるのがこの2分野だったのです。

特にITストラテジストに関していえば複数の導入案件を経験したことがあったため、最難関と言えどこれが自分の進む道だと決めたのが直接のきっかけです。

ITストラテジスト午前試験の対策

ITストラテジストの午前試験の対策は、応用情報技術者試験の午前試験の対策と変わりません。

問題が共通していますので徹底的に過去問を解き、各ジャンルの基礎力を上げることで合格レベルに達することが出来ると思います。

いくらスペシャリストの試験と言えども応用情報技術者レベルの基礎力はすべてのジャンルにおいて必要だと思います。

応用情報技術者試験の合格法については別の記事に書いていますのでそちらを参考にしていただければと思います。

[blogcard url="http://hataraita.net/2016/08/14/ouyou/"]

ITストラテジスト午後Ⅰ試験の対策

ITストラテジストの試験の本番は午後の試験からです。

午後Ⅰ試験の勉強法は問題集を解いて間違ったところを覚えなおすという単純な反復学習の繰り返しです。

おすすめの問題集はアイ・テック発行の「午後問題の重点対策」です。

この問題集はITストラテジストに必要な知識を網羅的に解説してくれているので午後Ⅰ試験の対策に非常に役に立ちます。

問題集を解いてみて間違ったところを復習する。本当に基本的な方法ですが、最も確実でゴールに近い方法だと思います。

ITストラテジスト午後Ⅱ試験の対策

ITストラテジスト試験の最大の特徴であり、難関なのが午後Ⅱ試験です。他のスペシャリストの試験とは違いITストラテジスト試験の午後Ⅱ試験は論文形式の試験になります。

自身のIT戦略の経験を論文として発表する必要があるのです。

私のおすすめの参考書は三好康之さんの書いた「情報処理教科書 プロジェクトマネージャ」です。ITストラテジストとプロジェクトマネージャ試験は別試験です。しかし私は三好さんのプロジェクトマネージャ試験の参考書を一読することをお勧めします。

理由は、情報技術者試験の論文の書き方がわかりやすく書かれているという事です。

情報技術者試験の論文試験において最も重要なことは採点者にわかりやすく自分の経験を論じるという事です。

その点においてはITストラテジストもプロジェクトマネージャもシステム監査も変わりはありません。

三好さんのプロジェクトマネージャ試験の参考書にはそのテンプレート的な書き方が示されています。

そのためITストラテジスト試験に合格するためには少し遠回りに見えますが、一度読まれることをお勧めします。

もう一つお勧めする書籍はバーバラ・ミント著の考える技術・書く技術です。

こちらはITストラテジスト試験のみならず、文章力を上げるという意味においての必読書として私の一番のおすすめ書です。

これらの参考書を読んだうえで自分の経験をわかりやすく論文形式で書く練習をすることが合格への近道だと思います。

私は本番までに過去問を使って10回ほど論文を書く練習をしました。

そうすることで徐々に論文の書き方がわかってくると思います。

あとは当日自信をもって書くだけです。

ITストラテジストを取得してよかったこと

これは試験とは直接関係ありませんが、ITストラテジストに合格してよかったと思う事を紹介します。

自分に自信が持てた

ITストラテジストに合格するまでは私には確固とした自信がありませんでした。IT関係のプロジェクトに参画するときは自分以外は全員がITの専門家という事も少なくありませんでした。

正直私はただの文系の総合職であるという事で、周りに引け目を感じていました。しかしITストラテジストに合格することによって自分が相対する相手と同じITの専門家であるという事を感じることが出来ました。

ITストラテジスト協会に入ることにより専門性を深めることが出来た

ITストラテジストに合格するとITストラテジストの正会員になることが出来ます。年会費はかかりますが、定例会などで他のITストラテジストと交流を図ることが出来ます。

私自身は定例会には参加したことのないゴースト会員なのですが、定例会以外にも全国大会などがありそこで最新のIT事情やほかのITストラテジストの経験などのセミナーを受けることが出来ます。

そちらには何度か参加したのですが、非常に興味深く面白いセミナーが多いので自身に対していい刺激を受けることが出来ました。

 

ITストラテジストは難しい試験ですが合格できない試験ではありません。また合格すると自信と同じような人たちとの交流の機会を得ることが出来ます。

皆さんもぜひ尻込みせずに勉強頑張ってください!