読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

直帰率が急に下がったらアナリティクスのトラッキングコードを疑おう

機能ワードプレスをいろいろ弄っていたらgoogleアナリスティクスの直帰率が急激に下がっていました。

初めは表示速度が上げたおかげか、ブログページに目次を付けたおかげかと思っていたのですが、直帰率の下がり方があまりにも異常です。

またアナリティクスのリアルタイムサマリーが2単位で動いているので何かおかしいと思い調査しました。

原因はトラッキングコードの2重貼りだった

いろいろ調べてみた結果、原因はトラッキングコードの2重貼りにあることが判明しました。

参考にしたのはこちらのサイトです。

[blogcard url="http://www.hivelocity.co.jp/blog/37660"]

WordPressテーマとAll in One SEOの両方にトラッキングコードを設定していた

私がトラッキングコードを2重貼りにしてしまった原因は私が使っているWordPressテーマStinger Plusの設定画面と、追加しているプラグインAll in One SEOの両方にGoogleアナリティクスのトラッキングコードを張り付けたからです。

そういえば昨日Stinger Plusの設定をいじっているときにトラッキングコードを張り付ける場所を見つけ貼り付けてみた記憶があります。

これにより、トラッキングコードが2重に認識され直帰していないとみなされることにより直帰率が激減していたようです。

またPV数がユニークユーザーのわりに高いと喜んでいたのですが、それも同じ原因でした。

ラッキングコードを直書きしている場合も注意が必要

私の場合はWordPressテーマとプラグインによる2重貼りが原因でしたが、トラッキングコードを直書きしているサイトの場合も注意が必要です。

SEO関係のプラグインや、GoogleAnalytics関係のプラグインを導入しトラッキングコードを設定すると、もともと直書きしていたトラッキングコードと2重になってしまう可能性があります。

その場合も直帰率やPV数に異常が出るため直書きしているトラッキングコードを削除するかプラグインに設定しているトラッキングコードを削除する必要があります。

直帰率の異常を発見するには

前日の直帰率から明らかに直帰率が激減している

前日の直帰率から明らかに直帰率に変動がある場合はトラッキングコードが2重になっている可能性があります。

私は気づかずにしばらくぬか喜びしていましたが、設定でそこまで直帰率が変わることはないと考えるのが自然です。

もし直帰率が急激に下がった場合はトラッキングコードの2重貼りを疑ってください。

GoogleAnalyticsのリアルタイムサマリーの増え方が2単位になっている

もう一つ、トラッキングコードの2重貼りを確認する方法があります。

それはGoogleAnalyticsのリアルタイムサマリーで確認する方法です。

ページの来客を確認し、必ず2単位で来客がある場合、高い確率でトラッキングコードが2重になっているといえるでしょう。

その場合も、トラッキングコードの2重貼りを疑ってください。

世の中そんなに甘くなかった

正直初めはWordPressの設定を変えたことにより直帰率が改善したとぬか喜びしていました。

しかし世の中そんなに甘いものではありませんでした。

設定が間違っていただけでした。

ちょっと有頂天になっていた自分を反省したいと思います。

皆さんもGoogleAnalyticsの直帰率が急激に下がった場合はトラッキングコードの設定を疑ってみてください。