読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

脱原発ミュージシャンがくそダサいと思うたった一つの理由

こんにちわ!

誰とは言いませんが、最近脱原発ミュージシャンが流行っています。

別にその思想について文句を言うつもりはないです。思想は自由です。

でも私は言いたい。

脱原発ミュージシャンってくそダサい!

脱原発思想自体に文句を言うつもりはない

私は原発容認派ですが、別に脱原発思想自体に文句を言うつもりはありません。

実際に福島第一原発で大事故が起こったことは事実ですし、それによる被害は決して小さいものではありません。

地震からの復興は進んでいますが、まだまだ福島第一原発周辺には近寄ることも出来ない状態です。

私だってこのような悲惨な事故は2度と起きては欲しくありませんし、自然エネルギー発電で電力が賄えるなら別にそれでいいんじゃないの?とも思う事もあります。

脱原発思想政治家、思想家にも別に文句を言うつもりはない

正直私の信条とは相いれませんが、脱原発思想の政治家や思想家が脱原発を語ることにも別に文句を言うつもりはありません。

彼らは彼らの思想と利害をもってして、そのような思想を広めることを生業としています。

人々に訴えかけることが仕事というか使命ともいえます。

少なくとも下手したら刺し違えるぐらいの覚悟をもってやっているのだと思います。

だから私の信条とは相いれませんが、彼らがそれを世間に訴えかけることについては何も文句はありません。

メロリンQだって選挙で選ばれた政治家なので脱原発、反原発を訴える資格はあると思っています。

だが脱原発ミュージシャン、てめえらは別だ

しかし、脱原発ミュージシャンはくそダサいと思います。

何が「音楽と思想は切っても切り離せない」だこの野郎、タコ野郎、と思います。

普段馬鹿みたいに「ずっと好きだったぜ」だとか、抽象的であいまいなそれっぽい事を英語で歌ったり日本語で歌ってるだけじゃねえか、と声を大にして言いたいです。

脱原発ミュージシャンの曲を実際に聴いてみると惚れたはれただの、なんか小難しい言葉を適当に並べたようなものだのばっかりです。

歌で、歌詞で脱原発を訴えるような曲なんて歌ってません。

あほみたいに集まって、歌は普通に歌って、結局喋って脱原発を訴えています。

てめえらの事だくそマッチョと赤頭とエロロン毛と眼鏡!

切り離してるじゃねーかよ。と突っ込みたくなります。

歌ってたとしてもろくにヒットもしていません。

脱原発ソングで一発当ててから言えよ

脱原発関係ないヒット曲で人釣って、MCで脱原発訴えるのってくそダサいと思います。

もちろん言論の自由は誰にでもあるので言ってもいいとは思いますがくそダサいです。

何が音楽と思想は切り離せないだ、切り離せないなら脱原発ソングで支持得てから喋れや、くそ野郎、と思ってしまいます。

もうなんなんだろう。

自然とロックの融合とか、ナチュラル志向とか脱原発とかもうほんとくそダサい。

涙出てくる。

「ほどけない感情持ち寄ったことがてめえの全て」じゃなかったのかよ。

ああ、これは失ったから別にいいのか。

なんせ、好きだ嫌いだはれた惚れた歌ってるやつが寄り集まって脱原発って言ってる分には、まだ我慢できるんだけど、ろくに政治的な歌でヒット飛ばしてないやつがMCだけカッコつけて脱原発とか言ってんのくそダサいんだよ。

といったところで今週も笑点お開きです。