読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらいたネット

かわいくておしゃれなはたらいた 視線が集まるそんなはたらいた

W杯最終予選UAE戦カタールアブドゥルラフマン主審の不可解なジャッジ

日本代表対UAE代表のW杯最終予選でカタールの主審の不可解なジャッジが注目を浴びています。

二本はワールドカップ最終予選初戦を1-2で敗れました。

しかし、どうしても力負けには見えませんでした。

審判最悪じゃなかったですか?

カタール代表に与えられたPK

まずはカタール代表に与えられた不可解なPKです。

UAEのFW15番の選手と日本のDF3人が交錯したシーンです。

通常であれば、あれだけもつれた場面でファウルを取る場面はあまりありません。

この試合でもペナルティエリア外で何度かもつれ合うシーンがありましたが、それほどファウルがとられた印象はありませんでした。

しかし、この場面では7番の大島選手の足が引っ掛かったとしてPKとなってしまいました。

もちろん審判の判定は絶対なのですが、少し微妙なPKに見えました。

宇佐美選手に与えられなかったPK

逆に、宇佐美選手がペナルティエリア内でドリブルをしているときに、相手DFに完全に押されたのにPKにならなかったのも不可解でした。

https://twitter.com/footalk_sosal/status/771319752253988866?lang=ja

その前に、岡崎選手が押されて一瞬PKかというシーンもありましたが、それはまあPKじゃなくても仕方ないかと思いました。

しかし宇佐美選手を押したのは、完全にファウルに見えましたし、イエローカードもののプレーでした。

しかし審判の判定はノーファール。

UAEのPKがPKであれば、このプレーは確実にPKに見えたシーンです。

それでも、PKにはなりませんでした。

幻の浅野選手のゴール

一番問題のシーンは浅野選手のシュートシーンでしょう。

リプレイが何度も放送されましたが、確実にゴールマウスを割っているように見えたのですがどうでしょうか。

https://twitter.com/takumisan0510/status/771324247805337600?lang=ja

線審も見えなかったのかもしれませんが、ボールは完全にゴールインしていました。

この一点が入っていたら全然違う試合展開になっていたでしょう。

埼玉スタジアムで行われているのに完全にアウェーの笛のように感じます。

審判のせいだとは言わないが

試合として、UAEが2度、日本が1度を割ったという事実は変わりません。

残念ながら日本はワールドカップ最終予選を黒星でスタートしてしまいました。

しかしどうしても、納得がいかないもやもやした気持ちが残っています。

少なくとも宇佐美のPKと浅野のゴールは完全に誤審だと思います。

初めから中東の審判だったので心配だったのですが、完全に中東の笛のように感じました。

もちろん日本の決定力不足は、否めませんがどうも納得いかない試合でした。

カタール、アブドゥルラフマン主審の趣味

ちなみに、今回笛を吹いたカタールのアブドゥルラフマン主審の趣味はテレビゲームと、狩りです。

本当にどうでもいい情報ですみません。

[blogcard url="http://hataraita.net/2016/09/02/uae-home/"]